エコキュートのメンテナンスとは?やり方や依頼方法を解説!

公開日:2023/10/15

エコキュートは省エネルギーな給湯システムですが、適切にメンテナンスすることが重要です。メンテナンスを怠れば、耐用年数である10年を待たずに故障するリスクが増加するため、必ずメンテナンスを実施しましょう。この記事では、エコキュートを長く快適に使い続けるためのメンテナンスについて詳しく解説しているので参考にしてください。

エコキュートのメンテナンスが必要な理由

エコキュートはメンテナンスを怠ると、故障しやすくなったり、光熱費や修理費用がかさむなどのデメリットが発生したりする可能性があります。エコキュートは水を使うため、水道水に含まれる不純物がタンクに沈み、蓄積することがあります。

また、フィルターの目詰まりにも注意が必要です。これらの現象は、エコキュートの性能に影響を与え、給湯性能の劣化や内部故障を引き起こします。したがって、エコキュートを長期運用するには定期的なメンテナンスが欠かせません。通常、エコキュートの寿命は10年とされていますが、適切なメンテナンスを怠れば使用できる期間はさらに短くなるでしょう。

おすすめのメンテナンス頻度としては、半年に1回の点検と、1か月に1回の頻度の簡単な清掃を行うのがおすすめです。定期的にメンテナンスすることで、省エネで家計と環境に貢献するエコキュートのパフォーマンスを保ちましょう。

自分でできるメンテナンス

定期的なメンテナンスの基本は清掃です。エコキュートの寿命を伸ばすためにも、以下の点に注意してしっかりと行いましょう。

貯湯タンクの清掃

貯湯タンク内の清掃はとくに重要です。湧いたお湯をためておくタンクの中には不純物やゴミがたまりやすい箇所があります。タンク内の清掃を怠ると、不純物やゴミが多く含まれたお湯に入浴することになるので、こまめな清掃が必要です。

清掃方法は、漏電遮断器を切り、逃し弁を開けて排水します。排水を見て、2分を目安に排水を確認し、きれいになったら排水栓を締めましょう。汚れは排水栓から流せるので難しくありません。

給水口ストレーナーの清掃

給水口ストレーナーも清掃が必要です。お湯を配管に通す入口である給水口ストレーナーにゴミが溜まるとお湯の出が悪くなりますので、こまめに清掃しましょう。清掃方法は、漏電遮断器を切り、給水口ストレーナーを外してブラシなどで溜まったゴミを清掃します。

浴槽フィルターの清掃

浴槽内部にお湯を出す直前にあるフィルターも重要な部分です。給水口ストレーナー同様にゴミが溜まりやすいので、定期的な清掃が必要です。

髪の毛などの大きなゴミを取り除き、ブラシなどで細部を清掃しましょう。清掃後にフィルターを取り付け忘れると故障の原因になります。忘れないようにしましょう。

配管の清掃

エコキュートと浴槽をつなぐ配管も清掃が必要です。汚れが溜まりやすい部分なので、半年に一度ほど手動で清掃することをおすすめします。

自動配管洗浄機能が搭載されていますが、すべての汚れを取り切れるわけではありません。薬局やドラッグストアで販売されている配管洗浄剤などを投入し清掃しましょう。

動作確認・点検

漏電遮断器、逃し弁、凍結防止ヒーターなどの動作を確認しましょう。これらはエコキュートを補助的にサポートする機能ですが、正常に動作しないと家全体のブレーカーに影響を与えたり、タンクや配管の故障、水漏れにつながったりする可能性があります。

ボタンやレバーを操作し、正常動作するか確認しましょう。定期的に点検することで、安全かつ正常にエコキュートを運用できるでしょう。

業者によるメンテナンス

エコキュートを安全かつ長期的に使用するためには、業者によるメンテナンスが欠かせません。業者はエコキュートに対する深い知識をもち、自分では気づけない不具合や異常を見抜き、大きな故障に発展することを未然に防げる頼りになる存在です。

業者によるメンテナンスの頻度としては、1年に1回程度が理想的とされています。依頼の際は、深い知識と技術をもった業者に依頼しましょう。点検だけでなく、修理・交換ができる業者であれば、トラブルを発見した際にもすばやい対応が可能です。定期的な点検によって、エコキュートの動作や性能を確認し、問題があった場合は早期に解決できるでしょう。

ただし、不具合や異変を感じた際には、定期メンテナンスを待たずに、早めに業者に点検・修理を依頼することが重要です。エコキュートは、家庭の快適な生活に欠かせない設備です。安全な使用と長期的な運用を確保するために、業者によるプロフェッショナルなメンテナンスに頼ることで、トラブルを未然に防ぎ、快適な暮らしの継続が期待できます。

まとめ

エコキュートのメンテナンスは重要な作業です。定期的な清掃や点検がトラブルを未然に防ぎ、効率的な運用を可能にします。貯湯タンクや給水口ストレーナー、浴槽フィルター、配管の清掃をこまめに行うことが大切です。不純物やゴミの蓄積を防ぎ、衛生的なお湯の供給を実現する重要な作業です。

しかし、専門知識や技術が必要な点検や修理は、業者に依頼することが推奨されます。業者はエコキュートに精通しており、機器の動作確認や不具合の解決ができるため、定期的に業者がメンテナンスすることで、安全かつ長期的なエコキュートの使用が実現します。

自分で実施するメンテナンスに加え、信頼性の高い業者に依頼する点検を組み合わせることで、エコキュートの性能を維持しましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

【大阪府】おすすめのエコキュート修理業者比較表

イメージ
サービス名カンテック(KANTEC)給湯器駆けつけ隊キンライサーエコの王様ミズテック
特徴大阪府内は出張費無料!24時間365日電話受付対応!安心のかんでんeショップ!高度な技術を持つ専門スタッフが在籍!技術力に自信がある!無料10年保証が付いているので安心!創業から24年の信頼感もある!最短30分で駆けつけてもらえる!全国統一基準の認定を受けた職人が施工を担当!専門資格を保持した自社スタッフが施工を請け負うので、安心して任せられる!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら