エコキュートとガス給湯器は違う?違いやメリットを解説!

公開日:2023/11/15

エコキュートとガス給湯器は、お湯を沸かすための機器ですが、沸かす仕組みや必要なエネルギー源に大きな違いがあります。それぞれの仕組みを知り、エコキュートの導入がなぜ支持を集めているのか確認していきましょう。この記事では、エコキュートとガス給湯器の違いやメリットについて解説しているので参考にしてください。

エコキュートとガス給湯器の違い

エコキュートとガス給湯器は、お湯を供給する仕組みや燃料の種類に大きな違いがあります。

エコキュートは正式名称を「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といい、空気中の熱を利用してお湯を沸かすシステムです。エコキュートは少量の夜間電気と、空気がもつ熱を利用してお湯を作り、タンクに貯めて使用します。

そのため、燃料をほとんど使用せず、火を使わないため安全性が高いシステムです。経済的かつ環境的な負荷が少ないという特長があります。

一方、ガス給湯器は、ガスを燃焼させて配管を熱し、配管を通った水を熱することでお湯にして供給しています。使用するエネルギーとしては、配管を熱するのに燃焼させるガスに加え、給湯器自体を動作させるために電気を必要とします。ガス給湯器は効率的な発熱が可能で、お湯の供給が安定していますが、火の扱いに注意しなければならない機器です。

どちらの給湯システムを選ぶかは、家庭のニーズやエネルギー供給形態によって異なります。エコキュートは、再生可能エネルギーとの組み合わせが可能で、家計の負担が少なくなる省エネ効果や、環境への配慮を重視する方に向いています。

一方、ガス給湯器は、高い発熱効率が求められる場合や、ガス供給が安定している地域で選ばれることが多い機器です。自分の家庭の条件や利用状況をよく考慮し、快適で経済的な給湯環境を選択しましょう。

エコキュートのメリット

エコキュートを導入することには、多くのメリットがあります。まず、光熱費が安くなるという点です。エコキュートは夜間電力を使用するため、ガスよりも格安な料金でお湯を作れ、家計の節約につながります。

さらに、環境への負荷を抑えられる点も魅力的です。一般的な給湯器のように化石燃料やガスを使用せず、大気の熱を利用してお湯を作るため、二酸化炭素の排出量を削減できます。環境負荷を最小限に抑え、地球温暖化防止に貢献する機器といえるでしょう。

また、災害時にもエコキュートは頼りになります。タンク内に暖かいお湯を貯めておけるため、非常時にはお湯を取り出して使用できます。また、電気はガスと比べると電気の復旧が早い傾向があるため、災害時の復旧速度が早く、安全な生活をいち早く確保しやすいという点もメリットです。

さらに、エコキュートは環境負荷を低減する設備として、導入する際は自治体の補助金の対象になることもあります。地方自治体や政府が行っている補助制度を活用することで、導入コストを抑えられることを知っておきましょう。

補助金を得たい場合は申請の手続きを守る必要があり、詳細は自治体のホームページなどで周知されています。導入を検討している方は確認してみてください。

以上のように、エコキュートは経済的で環境に優しいだけでなく、災害時にも頼りになる頼れる給湯システムです。これらのメリットを考慮して、自宅に最適な給湯システムを検討しましょう。

エコキュートの設置費用

エコキュートの設置費用は、メーカーや容量、モデルによって異なります。また、ガス給湯器からエコキュートに交換する場合や、古い型のエコキュートから新しいモデルに買い換える場合にも価格は大きく変動します。

一例として価格を紹介しましょう。電気温水器・エコキュートから買い換える場合は、約40万円から65万円ほどの費用がかかります。一方、ガス・石油給湯器から買い換える場合は、約45万円から70万円ほど必要です。

さらに、エコキュートの容量によっても費用が変わります。2人から4人向けの容量の場合は、追加費用はかかりません。しかし、4人から6人向けの容量を導入する場合は約3万円、6人以上の容量を求める場合は約6万円の追加費用がかかります。

設置費用は高額であるため、お得感を感じにくいかもしれません。しかし、光熱費の節約や地球温暖化防止などのメリットを長期的に得られることを考えると、コストパフォーマンスは高いといえます。

エコキュートの導入を検討する際は、自分の家族構成や利用頻度を考慮し、適切な容量とモデルを選ぶことが重要です。また、信頼できる業者から複数の見積もりを取り、しっかりと比較検討することで、最適なエコキュートを手に入れられるでしょう。

まとめ

エコキュートとガス給湯器は、お湯を供給する仕組みや使用する燃料が異なります。エコキュートは空気の熱を利用してお湯を沸かすため、光熱費の節約や地球温暖化防止に貢献できます。

ガス給湯器はエネルギー効率が高く、瞬時にお湯を供給できる利点がある一方で、電気や燃料を使用しお湯を沸かすため、環境負荷は高めです。エコキュートの導入費用は高く、尻込みするかもしれませんが、長期的に見て多くのメリットがある機器です。既存の給湯機の寿命が近い方は、導入を検討してみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

PICKUP TABLE

【大阪府】おすすめのエコキュート修理業者比較表

イメージ
サービス名カンテック(KANTEC)給湯器駆けつけ隊キンライサーエコの王様ミズテック
特徴大阪府内は出張費無料!24時間365日電話受付対応!安心のかんでんeショップ!高度な技術を持つ専門スタッフが在籍!技術力に自信がある!無料10年保証が付いているので安心!創業から24年の信頼感もある!最短30分で駆けつけてもらえる!全国統一基準の認定を受けた職人が施工を担当!専門資格を保持した自社スタッフが施工を請け負うので、安心して任せられる!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら